マニュアル

マニュアル


マニュアル

はじめに

このプラグインはTweet Press(ツイートプレス)と呼びます。
Tweet Pressは阿修羅ワークス代表長岡が開発したオリジナルのワードプレス向けプラグインです。

Twitter APIキーの取得

Tweet PressはTwitter APIキーが必要です。
また、Twitterアカウントが予め必要となります。ご用意下さい。Twitterアカウントの取得方法については省略させて頂きます。

Twitter APIは2019年8月以降ルールが変更されました。
基本的にはTwitter APIキーを取得するには利用申請手続きが必要となり、審査に合格しないとAPIキーが使えなくなっています。
※2019年8月以前に取得したTwitter APIキーについては一部、利用申請をしなくても良いようです。

Twitter API利用申請の注意点

Twitter API利用申請には注意点があります。
基本的にすべて英語でのやりとりとなります。ですが、翻訳ツールで翻訳すれば大丈夫です。

Twitter API利用申請は機械的ではなく有人目視で審査が行われます。
そのため、担当者によって承認のハードルが変わることがあります。
また、場合によってはいくつかメール(英語)で質問が来る場合があります。
その場合はメールに返信をする必要があります。

他に注意することは、Twitterではアカウントを10件ほど持てると公式でも謳われていますが、実際にはTwitter APIキーを取得できる件数に限りがあるようです。運にもよりますが、5件以上申請すると却下される可能性が高くなります。

審査に落ちてしまう理由

Twitter API利用申請で落ちる理由ですが、必須項目がきちんと記入できていない。
審査担当者から届いたメールに返信をしていない、といった単純なものは再審査を申し込めば合格する可能性があります。

しかし、過去にアカウントの凍結ペナルティを繰り返している場合は、ブラックリストに載って申請が下りない場合もあります。
その際は、新しく携帯電話の番号を用意して、まっさらな状態で審査を申し込むしかないようです。
※携帯電話も新しく用意して、昔のアカウントにはログインしてはいけません。紐付けられてしまいます。

審査に合格するには最新情報をチェックすること
人によってはなかなか審査に合格できない、2つ目のAPIキーが取得できないといった声を聞きます。
Twitter API利用申請の審査はちょくちょく内容が変わるので、こうすれば必ず合格できるといった攻略法は残念ながらありません。
そこで、一番いいのは最新の合格方法を試してみることです。 最新のTwitter API利用申請の合格方法は、ネット検索で1年以内に期間を絞り込むことで得られます。

最新のTwitter API利用申請の合格方法を調べる

Tweet Pressを設定する
ツイッター設定

4つのAPIキーを取得したら、Tweet Pressの設定画面を開きます。
[ ツイッター設定 ] というタブを開きます。

ツイッターアカウント

ツイッターアカウントは5つまで設定できますが、最初のアカウントであれば [ アカウント1 ] のタブを開きます。

4つのAPIキーをそれぞれ以下の項目に入力します。

Consumer Key コンシューマキー
Consumer Secret コンシューマシークレット
Access Token アクセストークン
Access Token Secret アクセストークンシークレット

[ 変更を保存 ] ボタンをクリックして保存します。
これでTwitterの設定は終わります。

投稿設定

投稿設定ではツイートを記事として投稿する場合の設定をします。

投稿されるツイートは検索キーワードで検索したツイートまたはトレンドワードで取得されたキーワードで検索したツイートとなります。

上級投稿設定

上級投稿設定は投稿時にデータを加工するための設定です。

テンプレート設定

Tweet Pressではテンプレートのカスタマイズができます。
[ テンプレート設定 ] というタブを開きます。

テンプレートは大きく分けてオフィシャルフォーマットとオリジナルフォーマットがあります。
オフィシャルフォーマットはTwitterが提供するフォーマットで、お馴染みのデザインとなっています。
オリジナルフォーマットではユーザー側で自由にデザインを変更ができます。

ツイート表示のフォーマットスタイル

「ツイート表示のフォーマットスタイル」で「公式」または「オリジナル」に切り替えることが出来ます。

オフィシャルフォーマット

オフィシャルフォーマットは定型ですので極力いじらないようにしてください。

オリジナルフォーマット

オリジナルフォーマットは ツイートのオリジナル表示フォーマットスタイル を変更することでデザインを変えることができます。
プレースホルダは以下のように変換されます。

ツイートIDに変換されます
スクリーンネームに変換されます
ユーザー名に変換されます
ユーザーアイコンに変換されます
ユーザー言語に変換されます
リンク無しツイート本文に変換されます
リンク有りツイート本文に変換されます
例 2018年1月1日の日付書式に変換されます
例 2018年01月01日 23:01:01日付書式に変換されます
添付画像1に変換されます
添付画像2に変換されます
添付画像3に変換されます
添付画像4に変換されます

コメント設定

コメント設定は記事タイトルからキーワードを抽出し、そのキーワードで検索して取得したツイートをコメントとして投稿するための設定です。

コメント投稿機能を使うか

「コメント投稿機能を使うか」を「使う」にするとコメント投稿機能を有効化できます。

コメント承認の初期設定

「コメント承認の初期設定」を「承認する」にすると投稿されたコメントは承認状態となります。

コメントの取得を開始するカウント

「コメントの取得を開始するカウント」はそのページの閲覧数が規定値に達したあとにコメント投稿が始まります。
例えば「2」と入力するとページビューが2に達した後にそのページのコメント投稿が始まります。

コメントするキーワードを手動で設定する場合

コメントは記事タイトルから自動的にキーワードを抽出しますが、タイトルの並びによっては意図したキーワードにならない場合があります。
その場合は手動で任意にキーワードを指定できます。

投稿を編集画面で開き、カスタムフィールドのメタボックスを見つけます。表示されていない場合は画面右上から「表示オプション」ボタンをクリックしてカスタムフィールドにチェックを入れて表示して下さい。

カスタムフィールドとは?

「カスタムフィールドを追加:」から [ 新規追加 ] リンクをクリックします。
「名前」のテキストボックスに「used_tag」と入力し「値」のテキストボックスにキーワードを入力します。複数ある場合はカンマで区切って下さい。

最後に [ カスタムフィールドを追加 ] ボタンをクリックして追加します。
投稿を保存して終了します。

巡回設定

Tweet Pressにはコメント投稿以外に、トレンドワードや自分で設定した検索ワードでTwitter検索した結果を自動投稿することができます。

自動投稿モードは3種類あります。

1.自動トレンドワード投稿
2.自動Twitterトレンドワード投稿
3.自動検索ワード投稿

の3種類です。

巡回設定では各投稿モードのスケジュール間隔が設定できます。

トレンドワード自動巡回

「トレンドワード自動巡回を有効にするか」を「する」にすると指定したトレンドキーワード取得サイトから取得したキーワードでの投稿を始めます。

Twitterトレンドワード自動巡回

「Twitterトレンドワード自動巡回を有効にするか」を「する」にするとTwitterのトレンドワードから取得したキーワードでの投稿を始めます。

検索ワード自動巡回

「検索ワード自動巡回を有効にするか」を「する」にすると、自分が指定したキーワードで検索したツイートを投稿します。
改行で複数指定できます。複数指定している場合はランダムで選択されます。

トレンドワード取得 スケジュール間隔

「トレンドワード取得 スケジュール間隔」はツイートを取得する間隔を設定できます。
あまりに間隔を短時間にするとTwiiter レートリミット制限にかかり、しばらくの間ロックが掛かりますので注意して下さい。

Twitterトレンド取得 スケジュール間隔

「Twitterトレンド取得 スケジュール間隔」はTwitterのトレンドワードを取得する間隔を設定できます。
あまりに間隔を短時間にするとTwiiter レートリミット制限にかかり、しばらくの間ロックが掛かりますので注意して下さい。

検索ワード取得 スケジュール間隔

「検索ワード取得 スケジュール間隔」は自分が指定したキーワードで検索して結果を取得する間隔を設定できます。
あまりに間隔を短時間にするとTwiiter レートリミット制限にかかり、しばらくの間ロックが掛かりますので注意して下さい。

環境設定

環境設定では様々な動作環境を設定できます。

Twitter API レートリミットについて
Twitter APIには使用制限があります

Twitter APIにはTwitter API レートリミットと呼ばれる制限があります。
制限を超えると一時的にその機能が使用できなくなります。時間が経つと回復します。

Twitter APIキーを複数のサイトで使い回している場合は、レートリミットは単純にその件数で割り算され、1サイトあたりのレートは低くなります。

Twitter API レートリミットについて

1日の投稿上限は2400件まで

ツイートすること自体の制限はありませんが、1日にツイートできる上限は2400件までとなっています。

検索は15分間に180回まで

検索は15分間に180回までとなっています。15分経過すると180回検索できるようになります。

フォローするのは15分間に15人まで

フォローは15分間に15人までとなっています。15分経過すると15人フォローできるようになります。

レートリミット制限に頻繁に引っかかる場合

レートリミット制限に頻繁に引っかかる場合は頻度を減らすか、複数のサイトで使い回しているAPIキーを減らすなど工夫して下さい。

テスト方法

実際に使用する前にテストをしておきましょう。
Tweet Pressにはコメント投稿以外に、トレンドワードや自分で設定した検索ワードでTwitter検索した結果を投稿することができます。

投稿モードは3種類あります。

1.手動トレンドワード投稿
2.手動Twitterトレンドワード投稿
3.手動検索ワード投稿

の3種類です。

手動トレンドワード取得

手動トレンドワード取得」は手動で指定したトレンドワードサイトからキーワードを取得するためのものです。

Yahoo! リアルタイム検索またはGoo急上昇ワードから取得できます。

投稿を試す前に実際に取得できるかをテストしてみて下さい。

手動Twitterトレンドワード取得

手動Twitterトレンドワード取得」は手動でTwitterのトレンドワードを取得するためのものです。

Twitterで話題になっているトレンドワードから取得できます。

投稿を試す前に実際に取得できるかをテストしてみて下さい。

手動トレンドワード投稿

手動トレンドワード投稿」は手動でトレンドワードを取得して得たキーワードで検索したツイートを記事として投稿するためのものです。

事前に [ ツイッター設定 ] と [ 投稿設定 ] を済ませておいて下さい。

投稿を自動化する場合は [ 巡回設定 ] → [ トレンドワード ] タブにある「1. トレンドワード自動巡回を有効にするか」を「する」にして下さい。

手動Twitterトレンドワード投稿

手動Twitterトレンドワード投稿」は手動でTwitterのトレンドワードを取得して得たキーワードで検索したツイートを記事として投稿するためのものです。

事前に [ ツイッター設定 ] と [ 投稿設定 ] を済ませておいて下さい。

投稿を自動化する場合は [ 巡回設定 ] → [ Twitterトレンドワード ] タブにある「2. Twitterトレンドワード自動巡回を有効にするか」を「する」にして下さい。

手動検索ワード投稿

手動検索ワード投稿」は手動で指定した検索キーワードで検索したツイートを記事として投稿するためのものです。

事前に [ ツイッター設定 ] と [ 投稿設定 ] を済ませておいて下さい。

投稿を自動化する場合は [ 巡回設定 ] → [ 検索ワード ] タブにある「3. 検索ワード自動巡回を有効にするか」を「する」にして下さい。

API認証チェック

うまく動かない場合はTwitter APIキーが有効かどうかチェックしてましょう。

[ 設定 ] → [ API認証チェック ] をクリックします。

チェック方法

Twitter APIキーが有効かどうかをチェックします。取得したTwitter APIキー(Twitter Developerの開発者申請をして承認済みであること)を正しく入力して下さい。

Twitter APIキーはこちらから確認ができます。

入力するキーは4種類です。

・Consumer API key
・Consumer API secret key
・Access token
・Access token secret

最後に [ チェックする ] ボタンを押します。

以下のような画面が表示され「認証結果」が「APIキーは有効です」と表示されれば正常です。

画面下には自分のアカウントのホームタイムラインが表示れます。

エラーの意味

次に以下のようにエラーとなってしまった場合です。

エラーコードが「32」でエラーメッセージが 「Could not authenticate you.」と表示される場合は単純にTwitter APIキーの入力が間違っているか、APIキーがまだ承認されていないといった可能性があります。

もう一度Twitter APIキーが正しく入力されているか確認して下さい。

その他のエラー内容についてはこちらから確認できます。

ネットでエラーメッセージで検索すると原因が判明する場合もあります。 例えば「Twitter "Could not authenticate you."」のように検索します。